乳癌、闘病記⑦


スポンサーリンク




Pocket

チョコタンの手術の日を迎えた

チョコタンを抱えて家族全員で車に乗り込み、病院へ向かいました。

最近病院へ向かう頻度が多いからなのか、チョコタンは病院いや!とばかりにキャインキャインと鳴いております。
『チョコタンごめんよ、手術終わったら、お祝いのケーキ買ってあげるからね!』といってなだめていました。

 

(あたちは何よりケーキが好きなの!)

 

 

 

診察室で乳腺腫瘍の取る部分の最終チェックを先生として、チョコタンを病院に残してきました。
チョコタンをおいて出ていく時に、一度振り返るとチョコタンが震えながら待って、と泣きそうな顔でこちらを見ていました。
迎えにくるからね!と言い、病院を出ました。

チョコタンの乳腺腫瘍の手術は日帰りでした。怖がりなので入院でなくてホッとしました。
、動物病院によっては、入院になるところもあるようです。
チョコタンは、午前中に預けて、麻酔がしっかり覚める夕方頃にお迎えに行くスケジュールでした、それで8万円程でした。

料金も動物病院によって様々で、8万円位~30万円位までとあるようです。
病院によってこんなに料金が違うとは、驚きです。

(あたちの病院は結構手術がお安かったみたいなの!)

 

 

 

チョコタンが手術が終わるまでの間、一旦自宅に戻りました。
ドアを開けると、いつもはチョコタンがひょっこりと出てきてくれるのに、それがありません。凄く寂しく感じました。
チョコタンが居ないとこんなに家はガランとしてるんだ、と、その存在の大きさを改めて実感しました。

 

どうか手術無事に終わって、元気な顔で帰って来ますように・・。

 

何か緊急の事態が起こった場合は動物病院から電話が入る様になっていました。
電話がならないか手術が終わったであろう時間までソワソワしていました。

 

そして夕方まで、無事に電話はなく、病院にチョコタンをお迎えに行きました。

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

大切な家族-本当に今だから言えます!

大切な家族を守りたい! 亡くなってからでは遅いのです。 元気なうちから始めよう。 
市販されているドックフードは検査基準も甘く、身体に良くない添加物・防腐剤・発がん性物質が多く含まれています。
そこで美味しく高タンパク質でありながら、低脂肪・低カロリーで安心・安全な馬肉中心の食事に変えましょう! あなたが大切な家族を守るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。