乳癌、闘病記⑨


スポンサーリンク




Pocket

チョコタンの術後その後

 

チョコタンは病院からエリザベスカラー着用の指示もなく、術後着けないでいました。

 

術後当日は包帯をさわったりしなかったのですが、翌日チョコタンが包帯を噛み始めたのです。
止めさせようとしましたが、手術や包帯のストレスからか、唸って怒り出しました。

そして結局包帯をほぼ全部噛みちぎってしまったのです。
包帯が取れて、中から手術の痛々しい傷跡が・・。

仕方なくまた病院へ。先生に叱られながら、包帯を巻き直してもらい、エリザベスカラーをつけることに。

(あたちエリザベスカラー嫌いなの!また取ってやる!)

チョコタンはプラスチックが嫌でストレスだったようなので、

こんな可愛いお花の布のエリザベスカラーも購入しました。

 

 

でも今度はエリザベスカラーを暴れて取ってしまい、包帯もまた噛みちぎってしまいました・・。
結局包帯なしで抜糸まで過ごす事になってしまいました。

術後は愛犬の体もですが、心のケアも重要になってきます。
普段大人しかった子が、術後にストレスからか、イライラして敏感になり、飼い主に威嚇してきたりするケースも多いです。
他にも逆に怯えるようになってしまう場合もあります。
術後は、普段と環境や食事を変えたりせず、飼い主が寄り添って安心させてあげる事が大事です。

 

犬は術後も自然治癒力が高いので、包帯がそれほど重要な訳ではありません。
乳腺腫瘍の術後に包帯なしにされる動物病院もあるくらいです。
ですが、怖いのは術後の傷口を舐めて化膿させてしまうことです。
場合によっては、膿がたまり、感染症にかかってしまったり、再手術になるケースもあるので注意が必要なのです。

 

チョコタンは二度も包帯をとってしまいましたが、運良く傷口は化膿せず、無事抜糸できました。

そして、ちょうどその頃チョコタンの病理検査の結果が出たのです。

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

スマホ連動型自動給餌器

スマホ連動型自動給餌器
うちのこごはんは安心(^_^) 会社や旅先からスマホでごはん! カリカリマシーンSPはスマホアプリとWi-Fi通信を利用した 新世代の猫犬ペットフード用自動給餌器です。 遠隔操作で自宅はもちろん外出先から 自宅の犬猫にごはんをあげられるのは勿論 スマホのカメラやマイクやスピーカーを使って 離れたペットの様子を 確認することも リアルタイム・リアルボイスで ご自宅の猫犬に呼びかけれるスマートペットフィーダーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。