チョコタンの手術のキズ跡を見て下さい。


スポンサーリンク




Pocket

チョコタンの術後その後

 

チョコタンは病院からエリザベスカラー着用の指示もなく、術後着けないでいました。

 

術後当日は包帯をさわったりしなかったのですが、翌日チョコタンが包帯を噛み始めたのです。
止めさせようとしましたが、手術や包帯のストレスからか、唸って怒り出しました。

そして結局包帯をほぼ全部噛みちぎってしまったのです。
包帯が取れて、中から手術の痛々しい傷跡が・・。

仕方なくまた病院へ。先生に叱られながら、包帯を巻き直してもらい、エリザベスカラーをつけることに。

(あたちエリザベスカラー嫌いなの!また取ってやる!)

チョコタンはプラスチックが嫌でストレスだったようなので、

こんな可愛いお花の布のエリザベスカラーも購入しました。

 

 

でも今度はエリザベスカラーを暴れて取ってしまい、包帯もまた噛みちぎってしまいました・・。
結局包帯なしで抜糸まで過ごす事になってしまいました。

術後は愛犬の体もですが、心のケアも重要になってきます。
普段大人しかった子が、術後にストレスからか、イライラして敏感になり、飼い主に威嚇してきたりするケースも多いです。
他にも逆に怯えるようになってしまう場合もあります。
術後は、普段と環境や食事を変えたりせず、飼い主が寄り添って安心させてあげる事が大事です。

 

犬は術後も自然治癒力が高いので、包帯がそれほど重要な訳ではありません。
乳腺腫瘍の術後に包帯なしにされる動物病院もあるくらいです。
ですが、怖いのは術後の傷口を舐めて化膿させてしまうことです。
場合によっては、膿がたまり、感染症にかかってしまったり、再手術になるケースもあるので注意が必要なのです。

 

チョコタンは二度も包帯をとってしまいましたが、運良く傷口は化膿せず、無事抜糸できました。

そして、ちょうどその頃チョコタンの病理検査の結果が出たのです。

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

【最後まで諦めない~犬の食事療法【療法食】
『臨床栄養学』と『国産無農薬7種キノコ『マクロビオティック』との強力3大コラボの療法食です。



ペット保険は早い方が良い!

なぜなら、ペットには人間の様な健康保険も医療制度もないからです。 ちょっとした病気や怪我での手術費も高額な医療費が掛かってしまいます。 かわいいペットの健康を守るために今から備えて下さい。 後になってみて、後悔しないためにも是非ご検討下さい。 複数のペット保険の資料を一括でお取り寄せ出来ます。 個別でお取り寄せの手間暇が省けます。 簡単ですよ!
複数の保険会社を比較検討してもらい、あなたのペットに合う最適の保険とご契約下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。