乳癌、闘病記⑩


スポンサーリンク




Pocket

チョコタンの乳腺腫瘍の正体

 

チョコタンの病理検査の結果が出ました。
そこに書いてあったのは、

 

『悪性度の高い乳腺癌である。

手術で十分なマージンが得られていない。(手術で完全に腫瘍が摘出出来ておらず、取り残しがある。)

リンパ管に浸潤が見られる。

赤味や熱感が見られる場合、炎症性乳癌の可能性もある。』という事でした。

 

病理検査結果を見てまたもや大ショックでした。
どうしてこうも、チョコタンの中に入り込んでいる癌細胞は極悪なヤツなんだろう。

癌があったとしても、進行がゆっくりであって、痛みもなく、
チョコタンが普通に幸せに普段の暮らしが出来るのであれば、癌と共存してても良いと思うのです。
でもこの癌の場合は、そんな訳にいかないんだと思いました。

しかし先生は、『手術で腫瘍は完全に切り取った。しかもチョコタンは炎症性乳がんではないのだから、この病理検査結果は外れている。』と言いました。
少し先生を疑いました。
手術でやはりとりきれてなかったのでは?チョコタンはもしかして炎症性乳がんなのか・・?
ですが、手術も終わった所で今更どうにも出来ません。

 

チョコタンの癌がどうか再発、転移しません様に。

いや、転移なんてしない!大丈夫!
チョコタンともっと一緒にいたい。

嫌なことから目をそむける様に、楽しいことだけに目をむけて過ごしていました。

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

大切な家族-本当に今だから言えます!

大切な家族を守りたい! 亡くなってからでは遅いのです。 元気なうちから始めよう。 
市販されているドックフードは検査基準も甘く、身体に良くない添加物・防腐剤・発がん性物質が多く含まれています。
そこで美味しく高タンパク質でありながら、低脂肪・低カロリーで安心・安全な馬肉中心の食事に変えましょう! あなたが大切な家族を守るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。