『虹の橋』


スポンサーリンク




Pocket

『虹の橋』

天国のすぐそばに「虹の橋」と呼ばれている場所があります。

そこには、家族たちと仲良く暮らしていた動物たちが仲良く待っています。

動物たちは亡くなるとその場所で、仲の良かった家族たちを待っています。

その場所は、寒くも暑くもなく、いつも食べ物や水が豊富にあります。

病気やけがをした動物たちも完治して元気に飛び回っています。

いじめる者もいません。 いじめられる者もいません。

みんな自由でゆかいにはしゃいでいます。

しかし、ひとつだけ気掛かりなことがあります。

それは別れた家族のことです。

天国から見て、家族の幸せをいつも願っていてくれています。

そして、いつも大好きな人を待っています。

でも、決して早く来てほしいとは願ってはいません。

人生を全うして幸せな一生を送った後に来てくれることを望んでいます。

みんなに見送られてここにやって来て欲しいと願っています。

もし、やって来たときには、全身を喜びに震わせ、一目散に

あなたのもとにに駆けつけるでしょう。

それこそ顔中を舐め回し、しっぽはちぎれんばかりに振り回します。

「もう、決して離さないでよ!」「もう、決して離さない!」お互いに抱きしめ合います。

そこでは一緒に遊び、食べ、いっしょに眠ります。 そして時が来た時にいっしょに虹の橋を渡って行きます。

だが、その中でも、家族のいない動物たちもいます。

その動物たちは寂しそうに虹の橋を渡っていく動物たちを眺めています。

でもある日、その動物たちにも出会いの日が来ます。

動物といっしょに暮らせなかった人たちが待っています。

お互いにひとりぼっちでしたが、やっと巡り合うことが出来ました。

それは、まるでいっしょに暮らしていたかのように仲良くじゃれ合っています。

昔から家族のような出会いです。 そして同じように時がくればいっしょに虹の橋を渡っていきます。

その世界では、みんなが誰かと結び合い、ひとりぼっちの者などひとりもいません。

みんな連れ立って、幸せに虹の橋を渡って行きます。

そしてお互いの魂は、もう決して離れることは二度とありません。

二つの魂がひとつになり、『虹の橋」をともに渡って行きます。

『だから、もう泣かないで!』

ちーちゃんは本当にコスモス畑が好きだった。
コスモスとちーちゃんって良く似合っていると思う。
今年もみんなでコスモス畑に行った。
ちーちゃんもいっしょに走り回っていた。
虹の橋のたもとのコスモス畑で待っていてね。
「ちーちゃん待っていておくれ、絶対に忘れないから!」

 

愛犬との散歩、楽しいお出かけを!

愛犬との散歩は、本当に楽しいものです。 顔見知りの近所の愛犬との出会いもあり、犬にとってもストレスの発散の場です。 それがもし関節炎とかヘルニアで歩けなくなったら、愛犬はきっと寂しがるでしょう。 健康維持のために、筋力の維持・関節軟骨の維持・適度な運動・肥満防止の4つを守るためのサプリメントで補って下さい。 そして、楽しい散歩やお出かけをいつまでも続けて下さい!