乳癌、闘病記㉕


スポンサーリンク




Pocket

たった二週間で全身に転移

先生から見せて貰ったレントゲン写真は、私が覚悟していた状態よりもっと癌が進行してしまっていました。
レントゲン写真には、チョコタンの全身が真っ白に写っていて、肺を確認する事すら出来なかったのです。

つまり、全身が癌に侵されている状態でした。

たった二週間で・・。

二週間ほど前に撮ったレントゲンでは、癌が内蔵に転移していない状態でした。
肺にも転移しておらず、本当に良かった、と久しぶりに家族皆が喜べた出来事だったのです。

それがたった二週間で全身が癌になっているなんて・・。

本当に今チョコタンが生きてくれている事自体が奇跡かもしれません。

 

ショックでぼーっとしながら、車の中でチョコタンを抱っこして連れて帰りました。

チョコタンと過ごせる時間はあとどれくらいなんだろう。これからどうなっていくのか不安で仕方ないのです。
元気だった頃の事を思い出すと胸が締め付けられる気持ちでした。

 

チョコタンは私にとってペットなんかじゃなくて、家族で、大好きな可愛い妹です。

これからチョコタンの痛みや苦しみをどうにか取り除いてあげたい。

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ