ペットの病気の始まり


スポンサーリンク




Pocket

病気の始まり、信じられない

チョコタンに病気が見つかったのは、8才の頃でした。
おチチの下の下腹部に細長いしこりが見つかりました。

早速、動物病院に連れていくと
それはおチチ張り、偽妊娠の疑いがあるとのことでした。
ちょうどその頃、おね~ちゃんが妊娠しているのが解り、
チョコタンもそれに対抗して偽妊娠したのだと
思わず笑ってしまいました。

それがチョコタンのガンであったとは!
「良かった」と喜んでいる心の片隅で一抹の不安がよぎったのも真実でした。

しかし、その不安を無理やり押しやり、その日は無地病気ではないとの判断から
家族みんなでケーキを買い食べたのでした。

ガンの進行は早かった。
それが今言える後悔です。
もし、あの時気付いていれば、また動物病院を
変えていれば、今は違った展開になっていたかもしれません。

その1年後が悔やまれます。

そのときは、チョコタンも元気いっぱいで
その元気さで不安を吹き飛ばしていたものでした。
おチチの張りも時期が来たら自然と小さくなる。
その動物病院の先生の診断は外れていました。
飼い主は、もう少しペットとの会話に精を出し、ペットの訴えに耳を傾けるべきなのでしょう。

特に、ミニチュア・ダックスフンドはガンに罹りやすい
そして子宮を取っていない子は乳腺症になりやすい。
そこまで勘ぐる観察が必要なのでしょう。

意外とペットは訴えています。
どこかでその兆候は見受けられます。
そして何かしら反応はあります。

普段の元気は、勘ぐりましょう。
そして、身体の一部であるペットを観察しましょう。
身体をなで、頬を付け、鼻で匂いを嗅ぎましょう。
小さな兆候も見つければ、すぐ調べて下さい。

我が子を最後まで守りましょう!
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

スマホ連動型自動給餌器

スマホ連動型自動給餌器
うちのこごはんは安心(^_^) 会社や旅先からスマホでごはん! カリカリマシーンSPはスマホアプリとWi-Fi通信を利用した 新世代の猫犬ペットフード用自動給餌器です。 遠隔操作で自宅はもちろん外出先から 自宅の犬猫にごはんをあげられるのは勿論 スマホのカメラやマイクやスピーカーを使って 離れたペットの様子を 確認することも リアルタイム・リアルボイスで ご自宅の猫犬に呼びかけれるスマートペットフィーダーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。