乳癌、闘病記⑬


スポンサーリンク




Pocket

チョコタンの手術は無事終了

 

チョコタンをお迎えに行くと、チョコタンはまた診察台の上で尻尾を振ってくれていました。
撫で撫でしてギュッとチョコタンを抱きしめました。

 

そうしていると、先生からお話がありました。

 

『チョコタンの手術中、脇のしこりと一緒にリンパ節を取りましたが、既に脇のリンパ節に癌が転移していて、リンパ節が癌そのものになっていました。』と言われました。

通常犬のリンパ節は小指の先ぐらいの大きさなのですが、チョコタンのリンパ節は癌に侵されて大きさが倍以上になっていたようなのです。

乳腺腫瘍の手術はしこりの大きさが小さくても、そのしこりが出来た側の乳腺全て取ってしまうのが最善の方法です。
なぜなら犬の乳腺は、左右それぞれ縦一列に全部つながっています。
なので、しこりの部分だけ取っても乳腺を通してすぐに癌細胞が近くに飛んでしまいやすいのです。

 

でもチョコタンは一回目の手術で一番上の乳首のあたりは切除されていませんでした。
今回の転移もそのあたりにしこりが出来てしまったのです。

 

あの時一回目の手術で取っていれば違ったのかもしれない・・。
チョコタンごめんよ。痛い、怖い思いばかりさせてしまって・・。

リンパに転移していたこと、チョコタンの死がぐっと迫ってきたようで、怖くなり、チョコタンを抱っこしながら帰りの車で泣きました。

チョコタンは自分が一番辛いのに、それでも、泣いている私を心配してペロペロずっと舐めてくれていました。

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

愛犬をガンから守る、安心の食事療法です。!

犬の死因の半分以上が癌(腫瘍)で亡くなっています。 若く健康なうちは、考えもしなかったガン、本当に怖い病気です。 そのガンをサプリではなく、食事療法から愛犬を守っていきませんか?
【最後まで諦めない~犬の食事療法【療法食】
『臨床栄養学』と『国産無農薬7種キノコ『マクロビオティック』との強力3大コラボの療法食です。 サプリではなく食事で栄養摂取できます! 無料お試し&返金保証あり!