乳癌、闘病記⑳


スポンサーリンク




Pocket

抗がん剤を使用するかの葛藤

 

先生から抗がん剤を勧められた日から、家族皆で犬の抗がん剤について調べました。

チョコタンが勧められた抗がん剤は、分子標的薬のパラディア錠というもので、値段は一箱二万円程でした。

通常の抗がん剤は、癌細胞だけでなく、周りの正常な細胞もあたりかまわず攻撃してしまうものなのですが、
この分子標的薬というのは、癌細胞を狙い撃ちして攻撃してくれる新しいタイプの抗がん剤なのです。

人間では、分子標的薬は以前から使われているのですが、ペット用の分子標的薬は近年新しく開発されて使われだしたので、症例の少ない薬でもあるのです。

 

ネットでパラディア錠について調べていると、使用して癌を押さえ込む事ができて、何年も元気に暮らしている子もいれば、副作用で弱りきってしまい中断する子もいて、様々でした。

人間と犬の抗がん剤では、犬の方が副作用が少ないと書いているのもありました。

他にもパラディア錠を使用している犬に舐められてはいけない、糞の処理は手袋をしなくてはいけない、色んな事が書かれていて混乱しました。

抗がん剤の値段も病院によって様々です。

 

でも、私達家族が望んでいることは全員同じでした。

チョコタンに苦痛なく、長く一緒に居たい。

パラディア錠を使用すれば、もしかすると寿命を伸ばせて癌による痛みも楽になるかもしれない。

でも逆に、副作用がひどくてチョコタンの苦痛を増やしてしまうかもしれない。

 

毎日色々と調べては葛藤していました。

 

 

先生からの連絡を待つ間、一週間、二週間と過ぎていきました。

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

ペット保険は早い方が良い!

なぜなら、ペットには人間の様な健康保険も医療制度もないからです。 ちょっとした病気や怪我での手術費も高額な医療費が掛かってしまいます。 かわいいペットの健康を守るために今から備えて下さい。 後になってみて、後悔しないためにも是非ご検討下さい。 複数のペット保険の資料を一括でお取り寄せ出来ます。 個別でお取り寄せの手間暇が省けます。 簡単ですよ!
複数の保険会社を比較検討してもらい、あなたのペットに合う最適の保険とご契約下さい。